月朝憂鬱

月曜日。
おまえはしがない会社員。

窓が真っ暗なのに、目が覚めた。

ひどい寝汗はなんなのか。

いまは日曜の夜なのか、月曜の朝なのか。

どっちなんだと、そんな不吉なことには気付かないよう、もう一度眠りに入ろうとじっとしてみる。

 

点点鬱鬱


…これ以上眠るのはどうやら無理らしい。

跳ね起きてスマホの電源を入れる。

画面の光がショボくれた目を射る。

4時前?

早すぎるだろ。まだ始発も出てないぞ。

ジジイか、お前は。

また布団にくるまりエロ画像をまぶしく観ながら、朝日を待ってみる。

おまえはしがない会社員。

なにも足さない。
なにも引かない。

月朝憂鬱。

Amen !
生きていたらまた会おう。

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL