〜プロットから読む 整理〜 「その女アレックス」ピエール=ルメートル 橘明美【訳】 文春文庫 「ALEX」 Pierre Lemaitre

評価:
ピエール ルメートル
文藝春秋
¥ 929
(2014-09-02)

ここでは、この小説をわかりやすくするためにちょっとした整理をする。

登場人物たちの相関関係はそれほど複雑ではないが、カタカナ名前と地名が交錯するとよくわからなくなる。備忘録。

 

・アレックスの偽名とその名前のとき誰を殺したかを記載する。
 

「レア」

エタンプの工場主、ベルナール・ガテーニョを殺害。2005年3/30

 

「エマ」

ランスのビストロ店主、ステファン・マシアクを殺害。2005年11/28

 

「ナタリー」

ルームメイト、サンドリーヌの証言より。馬鹿のパスカル・トラリユーを殺害。2006年7/14

 

「ジュリア」

IT機器会社のサービスマン、フェリックス・マニエールを殺害。

 

「ローラ」

トゥールーズのホテルの女主人、ジャクリーヌ・ザネッティ夫人を殺害。

 

「クロエ」

セミトレーラー運転手、ボビーことロベール・プラドリーを殺害。

 

・トマと殺された買春者の関係

 

「パスカル・トラリユー」

中学時代の知り合い

 

「ベルナール・ガテーニョ」

トマはバイクを購入

 

ボビーこと「ロベール・プラドリー」

ガテーニョの知人

 

「ステファン・マシアク」

トマのセールス顧客

 

「ジャクリーヌ・ザネッティ」

フェリックスの情婦

 

「フェリックス・マニエール」

ザネッティ夫人の情夫

 

JUGEMテーマ:外国文学

 

コメント