〜プロットから読む 登場人物の変化=大胆な展開〜 「その女アレックス」ピエール=ルメートル 橘明美【訳】 文春文庫 「ALEX」 Pierre Lemaitre

評価:
ピエール ルメートル
文藝春秋
¥ 929
(2014-09-02)

この小説の面白さのひとつに、「登場人物の役回りの変化、逆転」がある。

 

登場人物の変化、逆転を具体的に記してみる。

 

・アレックス


第一部

アレックスは誘拐、監禁され暴力の被害者になる。

→後半ではカミーユたちの捜査によってアレックスの犯罪者としての顔が見え隠れしてくる。


第二部

アレックスは強靭な精神力で監禁場所から脱出する。

そして突然人殺しを開始する。完全なシリアルキラーだ。

 → 弱弱しい自殺:無慈悲な人殺しが少女のような自殺を遂げる。


第三部

幼少期の性虐待被害者

→ 巧妙な復讐者:アレックスが殺人を犯してきた本当の理由と兄への復讐をカミーユが助ける。

 

各部の矢印の右側はクリフハンガーとして効果的な展開となっている。
正が負になり、善が悪になる。

 

その他の登場人物もやってみよう。

 

・カミーユ

母、妻、子供、死人に縛られまともに捜査できない刑事。

→事件を通して仲間たちの存在に気付き、家族の死を乗り越え捜査に復帰する。再生。

 

・ル=グエン

うるさい上司

→捜査陣と上層部との間に立ち、戦ってくれる。カミーユをなんとか立ち直らせるために。

 

・アルマン

けち、たかり屋

→カミーユの母の自画像を買い戻し、それをカミーユに名も告げず送る。

 

・ルイ

金持ちの刑事

→カミーユの足りない部分を補ってくれる優秀な一人前の部下。

 

・ヴィダール

官僚主義の権化、鼻持ちならない予審判事

→トマという真の悪の罪を暴くためにカミーユたちのでっち上げを支持する。

 

・トマ

シリアルキラーの兄

→虐待者、近親相姦、真の犯罪者

 

・プレヴォ夫人

シリアルキラーの母

→虐待、近親相姦の黙認。娘を使った金儲け。

 

・被害者たち

平穏な暮らし

→未成年のアレックスを買っていた。

 

※登場人物の役割の逆転はその逆転の仕方が大きければ大きいほど面白いことがわかる。

 またこの小説の凄さは登場人物の多くは実は初めから「そう」なのであって変わるわけではない。

 気付かされるのだ。

 変わるのはアレックスとカミーユだけだ。

 ミステリーの基本である犯人はすでに「いる」のと同じで、読者はそうした登場人物の側面に気付くことができた瞬間に面白さを感じる。

 

コメント