上位拮抗!天皇賞・秋 2018年 ◎レイデオロ

IMG_20181028_075303.jpg

 

ルメやん(クリストフ・ルメール騎手のこと)大活躍!

 

二週連続G犠,舛覆鵑椴イ豢箸覆なかできないよ。
先々週は、人気馬、先週は穴馬と自由自在!

 

「ほかのジョッキーなにやってんねん!」

 

最近、関西によく行くもので

向こうの言葉になってしまいますが、
冗談めかして競馬の話してたら

 

「ありゃあ、馬が走ってんじゃなくて

途中でルメールが馬を背負って走ってんだよ」

と競馬おやじが言っておりました。


もちろんありえないんですが、

それほどジョッキーの手腕がレースに影響する

ということを言いたかったんでしょう。

 

穴馬を一流ジョッキーが

持ってきたときに使えそうですな。


「背負ってきちまったな」なんてね。

 


 

さて、敗者の弁はこれくらいにして天皇賞・秋。

 

このレースが来ると秋競馬ってカンジしますね。


年末の有馬記念まであっという間ですから

資金を回したいな、ほんとに。

 

今年は13頭と少頭数


逃げる馬がおらずスローの見込みですが、

先週の例(菊花賞が戦前早めのレースと言われていたがフタを開けてみればドスロー)

もあるので、どうなりますか。

 

東京の二千はゲートが1、2コーナーの間にある特殊な形ですが、

それ以外は非常にオーソドックスでクセの少ない比較的,力通り決まる印象の強いコース。

 

今回は各馬の短評をば。

 

.好謄侫.離
前走、毎日王冠差のない4着。過去にキタサンブラックの2着など。速い上がりがない。ロングスパート?

 

▲屮薀奪ムーン
距離?後方脚質?脚ためてどこまで通用するか

 

ヴィブロス
牝馬。秋華賞勝ちだが速い上がり?一枚落ちる印象。

 

ぅ譽ぅ妊ロ
天皇賞・秋では苦戦傾向のオールカマー組。先行抜け出しにかかるアルアインをきっちり差し切り豪快な勝ち。スタミナ通用しそうで速い上がりもある。

 

ゥ好錙璽凜螢船磧璽
前に行ける。距離はベスト。速い上がりはないが大阪杯のロングスパートを見ると逃げ切りもありか。

 

Ε泪ヒキ
前走札幌記念2着。大外ブン回しでスタミナあり。最強世代のダービー馬。

 

Д▲襯▲ぅ
出来は良い様子。オールカマーが完璧だっただけに、マカヒキに先着?

 

┘瀬鵐咼絅薀ぅ
脚質自在もG気任楼豌,径りない。

 

サングレーザー
前走札幌記念勝利。前目に行ける。距離に若干疑問。使える脚が短い可能性。

 

キセキ
出来は良さそう。ズブズブの菊花賞勝ち。東京の速い上がり?しかしながら脚質転向中で侮れない。

 

ミッキーロケット
宝塚記念勝ち、人気を見ると過小評価されている。速い上がり?

 

サクラアンプルール
距離はベスト。しかしG機

 

アクションスター
距離は合う。しかしG気浪板造高い。

 

今秋の府中はおもしろい傾向があって、

ディープインパクト産駒が不振

 

人気馬が同産駒に多いのでこの辺りをどう取るか。

重視したいのは速い上がりを使えるかどうか。


スワーヴ、サングレーザー、レイデオロ、マカヒキあたりはコンスタントに速い脚が使える。

 

さらに展開的には今走で前目に行ける馬を選ぶと
スワーヴ、レイデオロ、サングレーザー

 

距離
スワーヴ、レイデオロ

サングレーザーは同じ二千の札幌記念を勝っているが結果的に脚がたまっていたような印象も受ける。本質的にはマイラーだし、ベストの安田記念でも最後は脚が一緒になった。

 

天皇賞 結論

 

◎レイデオロ
乗れてるルメやんが心強いこともあるが、オールカマーを一度使っているのが良い。東京は大得意のはずで中団からの鬼脚炸裂そして大復活を期待!

 

○スワーヴリチャード
実力的には最強。しかし次のジャパンカップが大目標にしているのではないか。その証拠に今走が秋緒戦。能力で来ても全然おかしくないが、ここは叩き台か。

 

▲マカヒキ
前走は一番キツい競馬で勝利。状態も良さそうで鞍上も魅力。

 

☆サングレーザー
どうしても距離が不安。しかしながら札幌記念で見せた脚は凄まじく鞍上の「マジック」で距離が持つ可能性は高いとみる。

 

△ミッキーロケット
過小評価されている。

 

△キセキ
前々で運んでそつなく圏内ありそう。

 

△アルアイン
相当調子良さそう。

 

秋はここまでG義缶如そろそろ当てたい。
馬券はボックスだとガミりそうなので、じっくり考えて買います。
たぶん、◎○の二頭軸で点数抑えめかな。

JUGEMテーマ:競馬馬券予想

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL