的中のヒントはオークスにあり! 東京優駿 日本ダービー 2018

東京競馬場 パドック

 

今年のダービーは混戦模様です。

 

混戦の理由はふたつ。

 

ひとつは有力馬のダノンプレミアムブラストワンピースが皐月賞に出走しなかったこと。

 

もうひとつはその皐月賞が雨で緩んだ馬場のなか3頭がハイペースで引っ張る特殊な流れ。

直線が短く急坂、小回り、馬場悪化という条件で行われた皐月賞で好走した馬がダービーで通用するのか?という疑問があること。

 

そのあたりが混戦のもとになっていると思います。

 

そして今年はズバリ

 

皐月賞惨敗組 VS 別路線組

 

という構図のダービーになると予想します。

 

更にいうと別路線組のなかでも上記の皐月賞不出走二頭ダノンプレミアムブラストワンピースが有力だと思います。

 

人気的にも上位というか恐らく1、2番人気でしょうから力説するほどでもないのですが、私がそこにたどり着いたのは先週のオークスがヒントになっています。

 

今年のオークスはアーモンドアイが圧勝。

スタート前は発汗が見られましたし、1コーナーまで引っかかっていましたので心配しましたがきっちり勝ちました。

 

私も本命にしていましたが、ふとアーモンドアイならダービーでも勝てたんじゃないか?と思いました。

実際、アーモンドアイを管理する国枝調教師も同馬をダービーに出したがっていたという一部報道もありました。

レースの結果を見ながら考えました。

 

なぜアーモンドアイをダービーに出さなかったのか?

 

私はすぐに牝馬が勝ったダービーがあったことを思い出しました。

そう、ウォッカです。

 

戦前は無謀とまで言われた牝馬ウォッカのダービー挑戦でしたが、終わってみれば圧勝。その後の活躍は言わずもがな。

 

このウォッカが勝った年のダービー二着馬は14番人気アサクサキングスです。

そしてウォッカ不在となったオークスの勝ち馬はローブデコルテでした。

 

正直、どちらもパッとしない馬かなと思います。

 

つまり、ウォッカは自分と同世代の中では頭ひとつもふたつも抜けて強かったわけです。

翻ればこの世代はデキが悪かった。その中に綺羅星のごとく一頭だけ別次元にいたのがウォッカだったといえるのではないでしょうか。

 

さて話を今年に戻します。

 

アーモンドアイは、名牝と後世で讃えられる可能性を持った馬だと思います。

ダービーでもいい勝負になったと思います。

 

では、ウォッカと違ってなぜダービーに出走しなかったか?

ウォッカとの違いはなんなのか?

 

それはアーモンドアイにダービーで勝たれては困る人がいるからです。

 

ダービー、オークスといったいわゆる3歳クラシックは、実力のある馬が一生に一度だけ出走できます。

言い方を変えれば毎年、ダービー馬もオークス馬も生まれるわけです。

 

そしてこの「称号」は後々、その馬が引退したときに、ダービー馬なら種牡馬としてオークス馬なら繁殖牝馬として大きなセールスポイントとなるわけです。

 

セールスポイントとあえて言ったのはその馬を所有する馬主のことを考えていただきたいからです。

 

もしあなたがアーモンドアイの馬主だとしたら、オークスとダービー、どちらにも出走可能だとしたらどちらを選ぶでしょうか?

 

歴史に名を残す牝馬としてのダービー制覇でしょうか。

それともきっちりとオークスでしょうか。

どちらにしてもとてもワクワクする選択肢だと思います。

 

しかしここでさらに、もう一個条件を足してみましょう。

 

あなたはアーモンドアイのほかにも馬を持っています。

その馬は牡馬でダービーに出れば勝つことが出来る能力を持っています。

 

さぁ、あなたはアーモンドアイをダービーに出しますか?

 

いかがでしょうか。

 

まぁこれは個人の考えで人によって変わると思いますが、ビジネスとして考えた場合、選択肢はなく、アーモンドアイはオークスに。

もう一頭はダービーに、ということにならざるを得ないと考えます。

 

なぜなら、オークス馬とダービー馬を所有していれば後々繁殖におろした際に十分な実入りが見込めるからです。

 

こう考えて、オークスの新聞を引っ張り出してきました。

アーモンドアイの馬主はシルクレーシングです。

 

そしてダービーの馬柱を見てみました。

 

アーモンドアイにダービーを勝たれて困るのは何を隠そう有力馬を所有する同じ馬主です。

 

一頭だけシルクレーシングの馬がいます。

人気の一角、ブラストワンピースです。

 

この馬、ローテーションも異例で毎日杯を無傷の3連勝で終えるとそのまま皐月賞を回避してダービー一本に的を絞ります。

 

牝馬路線はアーモンドアイ。牡馬の方はブラストワンピース。

 

馬主サイドはかなり自信を持っているのではないかと思います。

 

ウォッカの年は不作の中の名牝でしたが、今年は牡牝で使い分けをできる、それだけ豊作といえる年ということではないでしょうか。

 

もう一頭、見過ごせない馬がいます。

 

ダノンプレミアムです。

 

こちらは足元の不具合があって皐月賞を回避したわけですが、それでも強さは際立っています。

皐月賞は道悪でも出ていれば圧勝もあったと思いますが、消耗戦だったと思いますのでダービーだけに話を絞ればかえって回避がいい方に出る気がします。

 

馬券はこの二頭から流す形で臨みます。

 

相手は皐月賞で末脚が際立っていたキタノコマンドール。

青葉賞でコース適正を示したゴーフォザサミット。

ダービーで穴を空ける京都新聞杯組からステイフーリッシュ。

皐月賞馬エポカドーロ。

皐月賞出遅れのグレイル。

皐月賞逃げ粘りのジェネラーレウーノ。

皐月賞で直線不利のワグネリアン。

皐月賞二着サンリヴァル。

 

JUGEMテーマ:競馬馬券予想

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL