名牝誕生の予感 優駿牝馬オークス2018 本命はアーモンドアイ

2018.05.19 Saturday

0

    東京競馬場 直線

     

    久々の競馬予想です。

     

    オークス来ましたね。

    今年の3歳勢はレベルが高い。しばらくはこの世代が日本競馬界を引っ張っていく気がしています。

     

    本命はアーモンドアイ。

     

    牝馬クラシック一冠目の桜花賞ではラッキーライラックを本命にしました。

    ラッキーライラックは石橋脩騎手がうまく乗ってこれ以上ないそつのない競馬で私はガッツポーズで直線半ばまで見守っていたのですが、圧倒的な末脚で勝ったのはアーモンドアイでした。

     

    馬券はハズレ。

    しかしアーモンドアイが強すぎて次走オークスは間違いなく本命にしようと決めました。

     

    そのアーモンドアイの桜花賞でのレース振りですが、まずゲート。

    出遅れたわけではないのですが、一歩目が遅く、後方からの競馬。

     

    通常ならここで、コースロスをしないために内に入れて馬の後ろで脚をためるのですが、鞍上ルメール騎手は外を回します。

     

    外を回すと馬場のいいところを終始走らせることができ、包まれる心配もなくなりますが、カーブでは距離的にほかの馬よりかなり長く走ることになります。

     

    それでも4コーナー置かれることなくついていきます。

    しかしそれでも最後方。

     

    直線に入った時点では、馬券になりそうもない位置です。

     

    前残りでレースはどんどんゴールに近づいていく中、アーモンドアイは一頭大外からためていた脚を開放していきます。

     

    鞍上持ったままで差が詰まっていきます。そして鞍上がGOサインを出すとあっという間にラッキーライラックを抜き去り完勝。

     

    アーモンドアイにはまだ余裕がありました。

    鞍上も相当自信があったのか、次回のオークスに向けてわざと大回りで試走したようにも思えてきます。

    管理する国枝調教師も実はオークスではなくてダービーに出したがっていたという噂もあります。

     

    ロードカナロア産駒ということで距離不安説があります。

    しかし、ロードカナロア自身がスプリンターかというとそうでもなく安田記念などマイル実績もありました。

    マイルでは足りないといわれるとそうなのですが、あのウォッカのイメージで考えています。

    ウォッカはまだ背中のゆるい3歳の時点では距離が持ったが、体の完成に伴って、マイル色が強くなっていったようにアーモンドアイも将来的には使える距離が短くなるとしても、現時点では2,400mに十分対応できると思います。

     

    折り合い面に不安もなく、恐らくギアを一段残したまま、ここも突破してくれると思います。

    牝馬三冠を達成してジェンティルドンナ、ブエナビスタ、ウォッカのような名牝に名を連ねてくれることを願います。

     

    対抗は桜花賞で2着のラッキーライラック。

    桜花賞では包まれるのを避けるために序盤に出した分だけ終いが甘くなった感がありますが勝ちにいく上では最善の走りでした。

     

    今回は府中の2,400m。

    よほどのことがなければ内で脚をためるような走りでも前を捌けるのではないかと考えています。

    距離は伸びたほうがよさそうなので、死角があるとすれば2走続けて前目の競馬をしていることでしょうか。

     

    単穴はサトノワルキューレ。

    フローラステークスが圧巻でした。

    この日の府中は、内目の前が止まらない典型的な前残り馬場で後ろから行く馬は壊滅状態でした。

     

    そうした馬場を最後方大外一気で差しきるわけですから相当な力があります。

     

    今週土曜の府中の結果を見ると、一番人気がかなり勝っていました。

    実力どおりの結果になる目算が強いと思います。

     

    馬券的には三連単で。

    一着アーモンドアイ

    二、三着にラッキーライラックとサトノワルキューレの二点。

     

    押さえで上記3頭ボックス馬券も買っておきます。

     

    たらればを言えばキリがないので、これで外れたら仕方ないですね。

    当たりますように。

     

     

    JUGEMテーマ:競馬馬券予想

    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL