10.デカール マシーネンクリーガー three A社製1/12塗装済完成品クレーテのカスタム&リペイント

ありったけのデカールを引っ張り出す

デカールを貼りましょう!


工作、塗装、ウェザリングと数々の試練(?)に耐え抜いてきたクレーテに最後のディテールを加えます。

 

デカールは手持ちのものとスケールに合いそうな物を物色してきました。


このデカール貼りの作業をすると全体が締まって見えてくるので個人的には非常に好きな作業です。


しかしながら楽しみな一方で貼る位置や密度感はセンスが試される部分でもあるのでやりすぎないように気をつけて粗密の塩梅を大事にしたいと思います。

 

クレーテは意外と曲面がフクザツでどの面やラインに合わせて貼るかで印象が変わってきます。

デカールについてはあまり説明も要らないかと思いますので、結果の画像を並べていきたいと思います。

 

砲塔前面上部。

 

砲塔前面上部 クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー

 

ここは前から見ると造形的にはおもしろいのですが、白、黒、識別帯と色味がともすると単調になるので小さく赤色のあるデカールにして極小の差し色にしました。

 

ライトはこんな感じで。

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー

 

ボディの前面。

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー

 

胸ボタン。

 

胸ボタン クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー

 

装甲板。

 

装甲 クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー

 

膝のところの装甲板。

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー


わざとちっちゃいデカールにしました。

 

スモークディスチャージャー。

 

スモークディスチャージャー クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー


ここはすごく雰囲気出たかなと思います。

 

筒一つずつに同じデカールを載せて配線部分に注意書き。

 

機関部。

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー 機関部

 

ここは貼るか迷ったのですが…貼りました!

 

機関部のそばのフレーム。

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー

 

特徴的なディテールである砲塔後方の部分。

 

丸いところ クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー

 

脚。

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー 足付け根

 

砲塔後ろの部分。

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー 煙突

 

側面パネル

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー パネル

 

脚部鉄板

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー

 

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー 足

 

ボディ背面側

 

背面 クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー

 

いや〜しかしこれだけ接写した画像だとなんだか緊張しますね。

 

ちなみにデカールはマークセッターという接着剤で貼りました。
このマークセッターは、デカールの軟化剤と接着剤が一緒になったもので貼る面への追従と接着力が強力です。

 

それからデカールのシルバリング(貼ったデカールの表面が光の反射で光って見えること)を緩和するためにデカール貼付後に光沢と半光沢とつや消しのクリアーを吹きました。

 

光にかざすとよくわかりますが、デカールのシートの部分が反射で光っています。

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー シルバリング
デカールがシートごと反射で光っています

 

こうなるといかにもデカールを貼ったという感じになるのでこれを抑えるためにクリアーを吹きます。

 

すると塗装面とある程度ツライチになって光沢感が統一されるため目立ちにくくなります。

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー シルバリング抑制
上の写真と比較するとデカール単体のてかりはだいぶ抑えられました

 

クリアーについては金属のでている部分は光沢を、冬季迷彩部分はつや消しを、半光沢は脚等に、場所によってツヤ感に差を出してみました。

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー クリアー

 

あとはレンズをはめ込んで完成となります。

 

次回はいよいよ撮影です。

 

JUGEMテーマ:Maschinen Krieger(マシーネンクリーガー)

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL