5.ループアンテナとカメラアイ マシーネンクリーガー three A社製1/12塗装済完成品クレーテのカスタム&リペイント

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー
くるりと丸い部分がループアンテナ

 

機関部から突き出たループアンテナに少し手を加えます。

 

このループアンテナはアクセントとして結構目を引く部分だと思います。

 

根元の部分のディテールが若干粗めで、これはこれで味があるのですが、この部分を削り落として、スプリングを付けました。

 

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー
支持部分のディテールを削り落とします。

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー
径の合うスプリングをあてて…

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー
スプリングを通しました。

 

実はこの部分、自作も考えて作ってみたのですがどうもしっくりこなかったのでキットを活かすことにしました。

 

一応、自作の顛末を…

 

まずキットのサイズを粗粗で測ります。

 

鉛筆

 

だいたい鉛筆と同じくらいの太さですね。

 

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー
真鍮線を曲げて

 

 

それを目安に目分量で丸くしてみます。

 

いくつか失敗してそれなりに見られるものが出来ました。アルミでも作ってみました。

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー
左がアルミ 右が真鍮

 

しかし…いまいちですね。

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー
なんかショボイ…
 

なんというか、いびつなんですよね。ここは素直にキットのものにして正解な気がします。

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー
ループアンテナ

 

お次はカメラ。

 

クレーテにカメラなんてないじゃん!と言うそこのあなた!

まぁ見ていってください。

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー
前作 カメラは特にありません…
 

この部分、three A版もインジェクションキットでもただの突起で終わっているのですが、ここにカッコイイカメラというかレンズが付いたらかっこいいでしょう?

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー
顔?部分
 

前作ではいいパーツがなかったのですが、いまはハイキューパーツのちょうどいいサイズのいいメタルパーツが出ていますのでそれを使います。

 

例によって、塗装を落とします。

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー
ヤスリで塗装を剥がします。

 

 

そこにABS専用接着剤でメタルパーツを付けます。

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー
光沢が見えるのは接着剤です。

 

どうでしょう?

塗装後に、ここにレンズパーツを入れる予定です。

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー
レンズパーツがきっと映えます。

 

冬季迷彩ということで全体的にマットな仕上がりになると思いますが、アクセントとしてキラリと光る部分があると映えると思います。楽しみです。

 

さらにアンテナも付けてみましょう。

こちらはいきなり、ほぼ完成画像から。

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー
ちょっとピンボケ気味ですが…
 

キットに付いている物は恐らく太さが1mmですが少し野暮ったいのでここもすげ替えます。

 

0.8mmと1.0mmそして0.5mmの洋白線やピアノ線を用意して当てはめてみました。

 

その中でもっともしっくり来たのが0.5mmの洋白線でした。ちょっと細いくらいの繊細な感じがいいです。

 

キットに挿し込む根元部分にはやはりスプリングを仕込んで密度を高めます。

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー
ちょっと見づらいですが基部にスプリングのディテール
 

それから今回、戦車などのアンテナを調べていたら意外とアンテナというのは単純な棒ではなくて間に何か挟んでいたりするのがあって、たぶん長いままでは戦場での持ち運びに不便なので釣竿みたいに途中で切り離したり出来るのがあるのでしょう。

 

ということで、細身のパイプを挿し込んでディテールとしました。

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー
中央に見える金色部分です。

 

そしてその伸びたアンテナを引き留めるワイヤーというか実際は絶縁のためにロープであることがほとんどのようですが、それで結わいて留めました。

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー
0.25mmの極細ワイヤーです

 

留め具と結ぶ部分にはクランプと言いますか、スプリングを仕込んでピンと張った感じにしました。

 

さて、工作はほぼ終わりまして、次からいよいよ塗装工程に入っていきます。

 

JUGEMテーマ:Maschinen Krieger(マシーネンクリーガー)

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL