キタサンブラックには逆らえないのか? 有馬記念 G 2017 studio NoveliumのJRA競馬予想

2017.12.24 Sunday

0

    有馬ウィークだというのにインフルエンザで寝込むという大失態。

     

    この一週間はスポーツ新聞各紙が有馬記念一色。

    競馬好きが集まって紙面を見ながらああでもないこうでもないと好き勝手言うのが楽しいのに、高熱と咳で意識朦朧としてました。

    一週間損しました。

     

    先ほど馬柱を眺めてて思ったんですが妙に手薄だな、と。

     

    いつもならとっとと予想に入るんですが、例年有馬はその年の世相を表す馬券になると言います。

    その辺を踏まえてちょっと斜めから有馬記念を考えてみました。

     

    「キタサンブラック」

     

    この馬の取捨、着順が今年の有馬記念の肝でしょう。

    そのキタサン陣営ですが、早くから年内ローテーションの発表がありました。

     

    天皇賞・秋、ジャパンカップ、そして有馬記念のG3戦。

     

    更にいえばこの有馬での引退、種牡馬入りも公表されました。

    もうひとつ付け加えれば、有馬記念でのキタサンブラックオーナーの北島三郎氏による名曲「祭」の熱唱です。

     

    これ、ぱっと見、我々ファンからすれば、わかりやすくて至極もっともな発表に見えます。

    しかし、キタサン陣営と戦う他陣営の立場に立ってみるといかがでしょうか。

     

    キタサンが強いからこそ出来る発表なのは間違いありませんが、G気鯀世β梢惘弔らするとキタサン対策は間違いなくしなければいけなくなる。しかも仕掛けがうまくいったとしても勝てるかはわからない。

     

    ここまでもごく当たり前です。

     

    しかし、さらに生産地から見てみたらどうでしょう?

     

    引退・種牡馬入りが決定しているキタサンブラック。

    所属先は社台スタリオン。

     

    これほど強く、540kgある馬体重で馬格も十分。

    間違いなく期待の新種牡馬になるのは間違いありません。

     

    かつて、ディープインパクトが種牡馬入りしたときその馬格のなさから種牡馬としての失敗が囁かれました。実際はものすごい成績を残していますが当時は少なからず種牡馬としての成功に疑問がありました。

     

    馬格があればいいというものでもないのはわかるのですが、あるに越したことはない。

    更に言えば凱旋門賞をはじめとする海外競馬での戦いを考えるとタフなレースに耐えうる頑丈な体を持つ馬が欲しいのは間違いないでしょう。

     

    日本のスピード馬場に適応してなおかつ馬格があり距離も持つ。

    まさにキタサンブラックは日本競馬界が追い求めてきた馬のひとつの理想を体現しています。

     

    そしてそのキタサン産駒は数年後には各陣営に新馬として期待とともに次々と入厩してくるはずです。

    つまり、いまは敵かもしれないが大きく見ればここで活躍してもらうことで箔が付き、産駒は溢れ、自身はもちろん日本競馬界の利益にもなるのです。

     

    社台スタリオンに入る超有力種牡馬の引退レース。

    しかもオーナー北島氏は国民的歌手で、有馬後の「熱唱」を公言している。

     

    だれがこれを邪魔するでしょうか?

    しかしここで間違えてはいけないのが、決して八百長が存在していると言うわけではないのです。

     

    キタサンと北島氏、そして社台。

    この三位一体に真っ向勝負を挑み、もし勝ったとしてもそれはそれ。圧力を掛けられたりといったことはないと思います。

     

    しかし他陣営に分が悪い戦いなのは間違いない。

     

    ここで登場するのがJRAです。

    JRAというのは不思議な組織で、競馬を開催するために馬主に馬を買わせている。一方で賞金も出し、馬券売り上げで毎週莫大な国庫への現金入金もしている。

    そんなJRAにとって馬主は間違いなくVIPです。

     

    JRAの思惑はこうです。

    どうせならキタサンが勝ってくれたほうがニュースになる。売り上げ低迷に歯止めを掛けるためにも喉から手が出るほど話題が欲しい。(今年の漢字も「北」でしたがJRA職員が投票したんじゃないですかね?)

    しかしながら他の馬主の手前、あからさまにキタサンに勝ってほしいとは言えない。

     

    そこでJRAは一計を案じます。

    それは香港国際競走というウルトラCです。海外馬券の発売が始まっていますが、今年の香港国際競走の盛り上がりがちょっと異様で有力馬が大挙して押し寄せていきました。

    つまりJRAは有馬でのキタサンブラック勝利、北島オーナーの「祭」がどうしても欲しい。

    他陣営には別の花道である香港国際競走を用意するからそちらでどうでしょうか、と。

     

    香港からしたらいい面の皮ですが、こうした伏線があれば今回の有馬記念の手薄さにも説明が付くと思います。

     

    さて、ここまで来てキタサン本命が一番わかりやすいのですが、私は逆らいます。

     

    本命は、スワーヴリチャード。

    3歳勢の今年の勢い、そして有馬記念の3歳馬の好走率、前走3F一位馬。臨戦もいい。

     

    JUGEMテーマ:競馬馬券予想

    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL