チャンピオンズカップ G 2017 studio NoveliumのJRA競馬予想

自宅のネット環境が原因不明の不通状態になってしまい、まったく使えない状態が続いています。

ネットがダメだと本当に不便です。

 

先週はシュヴァルグラン本命で的中も相手が1,2番人気で堅い決着。

結果として単複が良かったんですが買った券種は三連系でトリガミ…。

 

今週はJRAのG誼羔指のマイナーレース「チャンピオンズカップ」

 

中京ダート1,800m。

 

かつてのジャパンカップダートから紆余曲折して中京に落とし込んだ感じのレースですがどうなんでしょう?

中京エリアになにかしら「忖度」でも必要なんでしょうか?

大阪杯のG犠些覆皸嫐わかりませんし。

カジノ法案とかと関係ありそうな気がしますが…。

 

まぁ、勘繰りはやめて予想をしてみましょう。

 

あまりにマイナーで、歴史も浅いのでざっくり予想します。

 

世代的には6歳が有力、次が5歳。

3歳馬や7歳以上の高齢馬はあまり重視しなくてもよさそう。

 

次に馬体重。

ダート馬というとパワーが必要なイメージで体重も多いほうがよさそうですが、実際には470kg前後くらいの馬の好走が多いです。

 

枠順は内枠有利ですね。

 

ちなみに中京ダート1,800mで調べると枠順の有利不利はないんですがことチャンピオンズカップに関しては、内枠有利です。

恐らくG気箸いΧ妨造離譟璽垢涼罎之覯姪にコースロスの少ない内枠馬が有利という単純な理由ではないでしょうか?

 

脚質は逃げが×で先行が有利。

これも中京ダート1,800mだけで集計すると逃げはむしろ有利なんですが、チャンピオンズカップになると壊滅してしまう。

 

なんなんでしょうかね。

 

上がりは速いほどいい。

上がり3F1位馬は勝率33%,連対率33%,複勝率66%。

上がりの脚は必須です。

 

それからブリンカー馬はちょっと成績落ちますね。

G気妊屮螢鵐ー付けないと走れないようでは確かにイマイチ感あります。

 

それからセンバの成績がいいです。

センバは子孫を残せない上にダートに来てますからよほど適正が高いか、そこしか使い道がないか…。

ここに出てくるということは適正が高いと見ていいんじゃないでしょうか。

 

血統的にはジャングルポケット、トワイニング、フレンチデピュティ。

 

明け3戦馬が好成績で前走二着で前走4番人気、先行して上がり3F1位なら言うことなしですが、先行できて上がりもあるならそら勝ちますわな。

 

JBCクラシックからの臨戦過程が◎。

 

それで今回の本命はΕ皀襯肇戞璽諭対抗キングズガード

ケイティブレイブも迷ったんですが、どうも福永騎手と相性が悪くてやめました。

 

どの馬も一長一短だったのである程度前に行けて脚がありそうな穴馬から入ることにしました。

 

有馬記念の資金が欲しいところです。

 

 

JUGEMテーマ:競馬馬券予想

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL