studio NoveliumのJRA競馬予想 ジャパンカップ2017

ジャパンカップ最大の前哨戦となる天皇賞秋が雨でぐちゃぐちゃのつゆだく馬場。

 

そこを勝ったキタサンブラックの力は疑う余地のない名馬のそれであり一番人気も頷けます。

 

しかし、あれだけの馬場を出遅れて差し切るなんてのは、どう考えても疲れが残っていると思いたい。

馬券を買うならやっぱりキタサンブラックは本命にはしたくない。

 

我々の本命は、.轡絅凜.襯哀薀鵝

 

今回は過去10年間の同レースの結果を基にして予想をしてみました。

 

・ジョッキーは栗東所属か外国人ジョッキーが中心。しかしながらほとんどがそれに当てはまってしまう。

 

・厩舎も同様に栗東所属が好成績。気になる外国馬は美浦よりも苦戦傾向なのでほとんど無視。

 

・データを見ていたらちょっと面白いのを見つけた。馬体重傾向だ。

体重と斤量の比率が11.6%から12%の馬の好走が多い。

これは斤量57kgの場合、馬体重で476kgから490kgにあたる。

 

しかし当日の馬体重は出走一時間前までわからない。

というわけで好走馬の前走馬体重を確認すると460から478kgだった。

 

・枠順 馬番については、中枠が若干数字を落としているものの目立ったものはなさそうだ。

ひとつだけ気になったのは大外枠の成績が良かった。しかし馬番の18番は0,0,0なのである。

 

つまり18番ではない大外がいいというわけで今年は18頭フルゲートではない。だから大外は要注意ということになる。→

 

・馬主はサンデーレーシングが圧倒的だが、なぜか今年は参戦なし。

それならばと生産を調べたところノーザンファームと社台の白老が好成績。

データで言うまでもないけど社台系は強い。

 

・血統的にはディープインパクトが圧倒。

 

・ローテーションは明け2戦目の中4週がいい。これはイコール天皇賞秋を指したデータだけど冒頭に書いたように今年は秋天をどう読むかで考え方が変わってくる。

 

秋天をパスしてきたレイデオロが本命の方は、このあたりは大きな推し材料かもしれない。

 

・それから前走分析。前走一番人気で勝っている馬で0.1から0.5差の馬がいい。

これもレイデオロは強調材料だろう。

 

上がり3Fは3位から5位くらいがいい。

 

東京の直線の長さを考えると速度はもちろん必要だが、ある程度長く脚を使えないと息切れしてしまうということだろう。

結果として一瞬の切れ味より上がり3位から5位くらいの脚のほうが活きてくるのだろう。

 

上記をいろいろ当てはめていくと僅差で.轡絅丱襯哀薀鵑抜けているという結論だ。

 

相手は絞りきれていないが

 

対抗候補↓き

 

相手

 

特注馬┃

 

キタサンブラックは包囲網を敷かれるだろうし飛んだら面白いのだがどうなるか…

 

知り合いが競馬場に出向くと言っていた。

 

久々に行ってみるか…

 

週末の競馬観戦に、持って行きたい・・・アイテムをここで手に入れよう!!!
ターフィー通販クラブ 競馬が好き 馬が好き

 

JUGEMテーマ:競馬馬券予想

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL