Ma.K. マシーネンクリーガー オリジナル機体スクラッチビルド製作記А Ma.K. Tamagawa meeting #8 出展編」

IMAG0773.jpg

 

2017年10月15日 テクノかわさきにてMa.K. Tamagawa meeting #8に参加出展してきました。

 

この展示会には第二回から参加させてもらっていて、模型趣味を始めた年に参加したのでもう7年くらい模型をやってるんですね。

 

いや−、ぜんぜん飽きないですね。

 

会場の写真がほとんどなくて恐縮ですが、たくさんの人が来てました。

よく見る顔から久々に会う人、まぁほとんどはぜんぜん知らない方ばっかりですが。

 

マシーネンクリーガーを作っててまだ展示会に出たことがない方はぜひ一度参加されるのをオススメします。

 

すごい作品がたくさん見られますし、同じ趣味の方々との交流も楽しいです。変な人もたくさんいますけど。

 

私も初参加のときは全く知っている人がいなくて、今思うとよく行ったな、という気もしますが、たった一人で見てました。

 

見ていたらちょっとずつ話しかけられたり話しかけたりでこれまたちょっとずつ知ってる方が増えていきました。

 

以後、現在に至るという感じですが、見に来るだけでも面白いのでぜひ今度足を運んでみてください。

 

少ないのですが写真を撮ってきたので並べます。

 

Ma.K. Tamagawa meeting #8

 

こちら冒頭のポスターになっている作品です。

たぶん、横山宏Ma.K.スケッチブック60内にもあるバリエーション機体のひとつだと思います。

 

横山宏Ma.K.スケッチブック60

 

私も前後のボリュームをアップする方向で手を入れたので興味深かったです。

 

 

これは斉藤ヒールさんのブラックナイトですかね?

IMAG0867.jpg

バリエーションが出ているようなので違うかもしれませんが、カッコイイですね。

 

こちらもバリエーション機体ですね。

横山宏Ma.K.スケッチブック60

化石みたいな独特な雰囲気です。

 

ほかにもWAVEの新作の作例も展示されていました。

横山センセの作例だと思いますが実物が見られるのも展示会ならではですね。

 

こちらはラプーン。

 

ラプーン Ma.K. Tamagawa meeting #8

 

けっこうつや消し感のある塗装ですね。

 

ラプーン Ma.K. Tamagawa meeting #8

 

(パネルより引用)

「マシーネン・クリーガー・イン・アクション」のラストページを飾った「ラプーン」が遂に登場

 

バンドデシネのクライマックスを、そして「HEAVY METAL」誌の表紙を飾った「S.A.F.S. Mk.掘廚猟綮〃拭◆ラプーン」が遂にラインナップに加わります。

 

キットは接着剤不要のスナップフィットタイプで、各関節が可動。

 

左腕はエクサイマーレーザー砲装備、またはマニピュレータータイプのいずれかを選択して戦闘型 偵察型に製作することができます。

スナップフィットタイプで、各関節が可動。左腕はエクサイマーレーザー砲装備、またはマニピュレータータイプのいずれかを選択して、戦闘型 偵察型に製作することができます。

 

ラプーン Ma.K. Tamagawa meeting #8

左腕がマニュピレーターと武器腕とで選べるのがポイントですね。

 

買うのは決定で「何機買うか?」という話ですね(笑)

 

ウェーブ マシーネンクリーガー S.A.F.S.Mk.3 TYPE R ラプーン 1/20スケール 全高約13cm 色分け済みプラモデル MK017

新品価格
¥2,730から
(2017/11/11 10:35時点)

 

それからニーゼも出るということで、これもうれしいニュースです。

ニーゼ Ma.K. Tamagawa meeting #8

カッコイイですね。

 

私はフィギュアの塗りが超絶下手なのでがんばらなければ。

 

 

ニーゼ Ma.K. Tamagawa meeting #8

(パネルより引用)

「ニーゼ」、初のインジェクションキット化!

 

シュトラール軍宇宙用スーツ「フリーゲ」の陸戦型、「ニーゼ」が初のインジェクションキットとして遂に登場します。


キットは、「グスタフ」をベースに「ニーゼ」用の新規パーツを追加セット。

 

数あるスーツの中でも 比較的新しいデザインの「ニーゼ」。その新鮮さ溢れるフォルムを是非手に取ってお楽しみください。

 

 

 

フリーゲの陸戦型だったんですね。知らんかった。

 

ニーゼ Ma.K. Tamagawa meeting #8

 

このカラースキームも人気がありそうです。

 

そして遅めの昼食をとって、ほかの方の作品を撮ろうと思って会場に帰ってきたら、もう撤収が始まってまして、なんにも撮れませんでした。

がっかりです。

 

片付け前に自分のだけ出展記念で撮ってきました。

JACK Ma.K. Tamagawa meeting #8JACK Ma.K. Tamagawa meeting #8JACK Ma.K. Tamagawa meeting #8

 

今回必死こいて作った新作も含めて3点展示してきました。

 

最後に自慢させてください。

なんとWAVE賞をいただきました!

 

JACK Ma.K. Tamagawa meeting #8 WAVE賞

その表彰時に不在だったのですが友達が替わりに受け取ってくれました。

 

いや、めちゃくちゃうれしい!

後ろのは副賞のキットです。作らなきゃ。

 

すいません、ジーマンしちゃいました。

 

次は完成品の撮影編で完了します!

 

JUGEMテーマ:Maschinen Krieger(マシーネンクリーガー)

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL