アーモンドアイとラッキーライラックを切って大振りしてみる秋華賞2018

競馬場の美しい芝生

久々に競馬するぞ!秋華賞。 

 

牝馬三冠のかかるアーモンドアイ一強で考えていました。

 

しかし予想を始めたら、前哨戦を使わずにオークスぶっつけで好走した馬っていないんですね〜!

 

アーモンドアイ一着固定の三連単で馬券を考えていた私としては、一気に穴狙いに振れてきました。

 

というわけで、予想ファクターを集めていきたいと思います。

 

 

(※予想は秋華賞当日の朝に行っています。)

 

1〜3番人気強し

JUGEMテーマ:競馬馬券予想

1番人気 アーモンドアイ

2番人気 Д薀奪ーライラック

3番人気 ▲ンタービレ

 

1〜3人気はやはり好走が多く、相手も8番人気まで

ミッキーチャーム

ゥ汽薀ア

哀廛螢皀掘璽

殴瀬鵐機璽

ぅ薀鵐疋

 

好走枠は2〜3枠、7〜8枠

ぅ薀鵐疋

ゥ汽薀ア

Ε僖ぅニアバイオ

 

ミッキーチャーム

ゴージャスランチ

ハーレムライン

哀廛螢皀掘璽

吋汽筌チャン

 

 

脚質は中団差し馬○で、前走逃げ馬は×

中団差し馬○

.薀謄絅蹈

ゥ汽薀ア

Ε僖ぅニアバイオ

サトノガーネット

アーモンドアイ

哀廛螢皀掘璽

 

前走逃げ×

▲ンタービレ

ぅ薀鵐疋

オスカールビー

ミッキーチャーム

ゴージャスランチ

殴瀬鵐機璽

 

間隔 前走9週以上×

Д薀奪ーライラック

アーモンドアイ

ミッキーチャーム

 

前哨戦

ローズS 

1着馬は好走するが勝ちにくい。

1〜3着馬有力 4着はオークス9着内かつ重賞またはOP勝ち

1着 ▲ンタービレ ※逃げ

2着 ゥ汽薀ア

3着 .薀謄絅蹈

※4着 ゴージャスランチは逃げ脚質かつオークス未出走かつ重賞・OP勝ちなし

 

紫苑S

3番人気内かつ5着内

該当なし

※次点 4着Ε僖ぅニアバイオ ただし0.6秒差負け

 

条件戦

明瞭なタイム差て勝っていればチャンスあり

サトノガーネット 500万下0.4秒差

オスカールビー 500万下1.2秒差 ※逃げ

ミッキーチャーム 1000万下0.6秒差 ※逃げ

殴瀬鵐機璽襦500万下0.9秒差 ※逃げ

 

クイーンSはいまいちで今年は出走馬なし

 

古馬混合戦 右回り2000m

オスカールビー 500万下1.2秒差 ※逃げ

殴瀬鵐機璽襦500万下0.9秒差 ※逃げ

 

※関屋記念G珪〕 ただし1600m

哀廛螢皀掘璽

 

G祇績

オークス1、2着有力

アーモンドアイ

2着 リリーノーブル回避

 

桜花賞、オークス両方3着内

アーモンドアイ

Д薀奪ーライラック

 

ただし二頭とも間隔が開き過ぎている。

 

 

結論

◎サラキア

○プリモシーン

▲ラテュロス

☆サトノガーネット

△パイオニアバイオ

 

穴狙いということで

アーモンドアイとラッキーライラックは切りました。

 

サラキアとプリモシーンは甲乙つけ難い。

 

サラキアは按上池添が思い切った形で中団からの差し脚を引き出してくれると期待。

親父の管理する馬ということで失敗を恐れずデュランダルみたいな競馬をして欲しい。

距離違うけど。

 

プリモシーンはなんといっても古馬相手に一番人気で関屋記念勝ちというのがいい。

距離と左回りという好走パターンの差はありますが、坂のないコースの長い直線で末脚が炸裂すれば好走すると思います。

 

なのでこの二頭をダブル本命のような形で馬券を買います。

 

人気二頭が来たら恐れ入りました、と素直に受け入れます。

 

 

的中のヒントはオークスにあり! 東京優駿 日本ダービー 2018

東京競馬場 パドック

 

今年のダービーは混戦模様です。

 

混戦の理由はふたつ。

 

ひとつは有力馬のダノンプレミアムブラストワンピースが皐月賞に出走しなかったこと。

 

もうひとつはその皐月賞が雨で緩んだ馬場のなか3頭がハイペースで引っ張る特殊な流れ。

直線が短く急坂、小回り、馬場悪化という条件で行われた皐月賞で好走した馬がダービーで通用するのか?という疑問があること。

 

そのあたりが混戦のもとになっていると思います。

 

そして今年はズバリ

 

皐月賞惨敗組 VS 別路線組

 

という構図のダービーになると予想します。

 

更にいうと別路線組のなかでも上記の皐月賞不出走二頭ダノンプレミアムブラストワンピースが有力だと思います。

 

人気的にも上位というか恐らく1、2番人気でしょうから力説するほどでもないのですが、私がそこにたどり着いたのは先週のオークスがヒントになっています。

 

今年のオークスはアーモンドアイが圧勝。

スタート前は発汗が見られましたし、1コーナーまで引っかかっていましたので心配しましたがきっちり勝ちました。

 

私も本命にしていましたが、ふとアーモンドアイならダービーでも勝てたんじゃないか?と思いました。

実際、アーモンドアイを管理する国枝調教師も同馬をダービーに出したがっていたという一部報道もありました。

レースの結果を見ながら考えました。

 

なぜアーモンドアイをダービーに出さなかったのか?

 

私はすぐに牝馬が勝ったダービーがあったことを思い出しました。

そう、ウォッカです。

 

戦前は無謀とまで言われた牝馬ウォッカのダービー挑戦でしたが、終わってみれば圧勝。その後の活躍は言わずもがな。

 

このウォッカが勝った年のダービー二着馬は14番人気アサクサキングスです。

そしてウォッカ不在となったオークスの勝ち馬はローブデコルテでした。

 

正直、どちらもパッとしない馬かなと思います。

 

つまり、ウォッカは自分と同世代の中では頭ひとつもふたつも抜けて強かったわけです。

翻ればこの世代はデキが悪かった。その中に綺羅星のごとく一頭だけ別次元にいたのがウォッカだったといえるのではないでしょうか。

 

さて話を今年に戻します。

 

アーモンドアイは、名牝と後世で讃えられる可能性を持った馬だと思います。

ダービーでもいい勝負になったと思います。

 

では、ウォッカと違ってなぜダービーに出走しなかったか?

ウォッカとの違いはなんなのか?

 

それはアーモンドアイにダービーで勝たれては困る人がいるからです。

 

ダービー、オークスといったいわゆる3歳クラシックは、実力のある馬が一生に一度だけ出走できます。

言い方を変えれば毎年、ダービー馬もオークス馬も生まれるわけです。

 

そしてこの「称号」は後々、その馬が引退したときに、ダービー馬なら種牡馬としてオークス馬なら繁殖牝馬として大きなセールスポイントとなるわけです。

 

セールスポイントとあえて言ったのはその馬を所有する馬主のことを考えていただきたいからです。

 

もしあなたがアーモンドアイの馬主だとしたら、オークスとダービー、どちらにも出走可能だとしたらどちらを選ぶでしょうか?

 

歴史に名を残す牝馬としてのダービー制覇でしょうか。

それともきっちりとオークスでしょうか。

どちらにしてもとてもワクワクする選択肢だと思います。

 

しかしここでさらに、もう一個条件を足してみましょう。

 

あなたはアーモンドアイのほかにも馬を持っています。

その馬は牡馬でダービーに出れば勝つことが出来る能力を持っています。

 

さぁ、あなたはアーモンドアイをダービーに出しますか?

 

いかがでしょうか。

 

まぁこれは個人の考えで人によって変わると思いますが、ビジネスとして考えた場合、選択肢はなく、アーモンドアイはオークスに。

もう一頭はダービーに、ということにならざるを得ないと考えます。

 

なぜなら、オークス馬とダービー馬を所有していれば後々繁殖におろした際に十分な実入りが見込めるからです。

 

こう考えて、オークスの新聞を引っ張り出してきました。

アーモンドアイの馬主はシルクレーシングです。

 

そしてダービーの馬柱を見てみました。

 

アーモンドアイにダービーを勝たれて困るのは何を隠そう有力馬を所有する同じ馬主です。

 

一頭だけシルクレーシングの馬がいます。

人気の一角、ブラストワンピースです。

 

この馬、ローテーションも異例で毎日杯を無傷の3連勝で終えるとそのまま皐月賞を回避してダービー一本に的を絞ります。

 

牝馬路線はアーモンドアイ。牡馬の方はブラストワンピース。

 

馬主サイドはかなり自信を持っているのではないかと思います。

 

ウォッカの年は不作の中の名牝でしたが、今年は牡牝で使い分けをできる、それだけ豊作といえる年ということではないでしょうか。

 

もう一頭、見過ごせない馬がいます。

 

ダノンプレミアムです。

 

こちらは足元の不具合があって皐月賞を回避したわけですが、それでも強さは際立っています。

皐月賞は道悪でも出ていれば圧勝もあったと思いますが、消耗戦だったと思いますのでダービーだけに話を絞ればかえって回避がいい方に出る気がします。

 

馬券はこの二頭から流す形で臨みます。

 

相手は皐月賞で末脚が際立っていたキタノコマンドール。

青葉賞でコース適正を示したゴーフォザサミット。

ダービーで穴を空ける京都新聞杯組からステイフーリッシュ。

皐月賞馬エポカドーロ。

皐月賞出遅れのグレイル。

皐月賞逃げ粘りのジェネラーレウーノ。

皐月賞で直線不利のワグネリアン。

皐月賞二着サンリヴァル。

 

JUGEMテーマ:競馬馬券予想

名牝誕生の予感 優駿牝馬オークス2018 本命はアーモンドアイ

東京競馬場 直線

 

久々の競馬予想です。

 

オークス来ましたね。

今年の3歳勢はレベルが高い。しばらくはこの世代が日本競馬界を引っ張っていく気がしています。

 

本命はアーモンドアイ。

 

牝馬クラシック一冠目の桜花賞ではラッキーライラックを本命にしました。

ラッキーライラックは石橋脩騎手がうまく乗ってこれ以上ないそつのない競馬で私はガッツポーズで直線半ばまで見守っていたのですが、圧倒的な末脚で勝ったのはアーモンドアイでした。

 

馬券はハズレ。

しかしアーモンドアイが強すぎて次走オークスは間違いなく本命にしようと決めました。

 

そのアーモンドアイの桜花賞でのレース振りですが、まずゲート。

出遅れたわけではないのですが、一歩目が遅く、後方からの競馬。

 

通常ならここで、コースロスをしないために内に入れて馬の後ろで脚をためるのですが、鞍上ルメール騎手は外を回します。

 

外を回すと馬場のいいところを終始走らせることができ、包まれる心配もなくなりますが、カーブでは距離的にほかの馬よりかなり長く走ることになります。

 

それでも4コーナー置かれることなくついていきます。

しかしそれでも最後方。

 

直線に入った時点では、馬券になりそうもない位置です。

 

前残りでレースはどんどんゴールに近づいていく中、アーモンドアイは一頭大外からためていた脚を開放していきます。

 

鞍上持ったままで差が詰まっていきます。そして鞍上がGOサインを出すとあっという間にラッキーライラックを抜き去り完勝。

 

アーモンドアイにはまだ余裕がありました。

鞍上も相当自信があったのか、次回のオークスに向けてわざと大回りで試走したようにも思えてきます。

管理する国枝調教師も実はオークスではなくてダービーに出したがっていたという噂もあります。

 

ロードカナロア産駒ということで距離不安説があります。

しかし、ロードカナロア自身がスプリンターかというとそうでもなく安田記念などマイル実績もありました。

マイルでは足りないといわれるとそうなのですが、あのウォッカのイメージで考えています。

ウォッカはまだ背中のゆるい3歳の時点では距離が持ったが、体の完成に伴って、マイル色が強くなっていったようにアーモンドアイも将来的には使える距離が短くなるとしても、現時点では2,400mに十分対応できると思います。

 

折り合い面に不安もなく、恐らくギアを一段残したまま、ここも突破してくれると思います。

牝馬三冠を達成してジェンティルドンナ、ブエナビスタ、ウォッカのような名牝に名を連ねてくれることを願います。

 

対抗は桜花賞で2着のラッキーライラック。

桜花賞では包まれるのを避けるために序盤に出した分だけ終いが甘くなった感がありますが勝ちにいく上では最善の走りでした。

 

今回は府中の2,400m。

よほどのことがなければ内で脚をためるような走りでも前を捌けるのではないかと考えています。

距離は伸びたほうがよさそうなので、死角があるとすれば2走続けて前目の競馬をしていることでしょうか。

 

単穴はサトノワルキューレ。

フローラステークスが圧巻でした。

この日の府中は、内目の前が止まらない典型的な前残り馬場で後ろから行く馬は壊滅状態でした。

 

そうした馬場を最後方大外一気で差しきるわけですから相当な力があります。

 

今週土曜の府中の結果を見ると、一番人気がかなり勝っていました。

実力どおりの結果になる目算が強いと思います。

 

馬券的には三連単で。

一着アーモンドアイ

二、三着にラッキーライラックとサトノワルキューレの二点。

 

押さえで上記3頭ボックス馬券も買っておきます。

 

たらればを言えばキリがないので、これで外れたら仕方ないですね。

当たりますように。

 

 

JUGEMテーマ:競馬馬券予想

2018年 中山記念&阪急杯次走へのメモ

東京競馬場 宝塚記念 投票
宝塚記念ファン投票の案内を配っていた方(昨年ね)。お願いして写真を撮らせてもらった。

 

【中山記念2018のレース回顧と次走へのメモ】

 

中山記念ハズれました。

 

本命の◎ペルシアンナイト、対抗の〇ヴィブロスがともにゲート出が良くなく、後手を踏む。

 

ペルシアンナイトに至っては道中ずっと最後方。

 

結果として前に行った三頭で決着。

 

逃げるのが確実にわかっていたマルターズアポジーを切って差し馬から買っていた時点でレースを読めてませんでしたね。

 

とはいえ、このまま終わっては負けっぱなしで悔しいので次走へのメモを残します。

 

ウインブライト

一着。調子良かった。前残りレースの3番手追走。スムースなレースだった。次も調子良ければ好勝負。

 

アエロリット

二着。地力ある。このクラス逃げ、先行が手薄なら要注意。今回18kg増で余裕残しの仕上げか。次走更に良くなる可能性あり。

 

マルターズアポジー

三着。平均ペースで逃げ粘る。逃げられればG兇任眥麺僂垢襦コーナー多い方がいいか。

 

ペルシアンナイト

出遅れ。全く流れに乗れず終わった。追い上げる脚は見所あった。

 

ヴィブロス

直線長い方がいい。コーナー4つダメ。

 

マイネルハニー

出遅れ。流れ乗れず。

 

ついでに阪急杯も少し。

 

ダイアナヘイロー

無理せず先手を奪いハナへ。武豊騎手はペース配分抜群で素晴らしい。逃げて粘る。今日は完璧に勝ったが高松宮記念は家賃が高いだろう。

 

モズアスコット

後方から猛然と追い上げ。次走は逆転ありそう。

 

レッドファルクス

後方から猛然と追い上げ。同じく次走は逆転ありそう。

 

勝ちたいね…


競馬 グッズ 競馬好きの方へ! インブリード Tシャツ【競馬Tシャツ】父の日 競馬 Tシャツ おもしろtシャツ 誕生日プレゼント 女性 男性 女友達 おもしろ プレゼント ギフト GIFTEE

 

JUGEMテーマ:競馬馬券予想

人気でも逆らえない◎ペルシアンナイト 中山記念 2018 JRA

東京競馬場 府中競馬場 居酒屋
府中競馬場西門側にある居酒屋。最終レースの後は満席になる。

 

中山記念の◎本命は ペルシアンナイト

○対抗 ヴィプロス

▲単穴A ウインブライト

▲単穴B サクラアンプルール

△相手 アエロリット

☆注意 ディサイファ

 

予想の根拠は地力の強さ。

 

中山1,800mというコース形態から行くと脚質は逃げ=マルターズアポジーも入れなきゃいけないんだけど柴田善臣騎手に乗り替わりでどうなのかな?と思ったので思い切って切りました。

 

少なくとも◎○のどちらかは3着を外すまいと考え、上記の流れで三連複フォーメーションを買います。

 

中山競馬場って一番苦手な競馬場で過去の成績を見ても良くないですね。

しかし中央コースのひとつですしうまく付き合っていかなきゃいけません。

 

今回の中山記念は大阪杯のトライアルレースということなのでしっかり観て大阪杯の参考にしたいと思います。


競馬 グッズ 競馬好きの方へ! 上がり3ハロン Tシャツ1【競馬Tシャツ】父の日 おもしろtシャツ 誕生日プレゼント 女性 男性 女友達 おもしろ プレゼント ギフト GIFTEE


競馬 グッズ 競馬好きの方へ! マイラー Tシャツ【競馬Tシャツ】父の日 競馬 Tシャツ おもしろtシャツ 誕生日プレゼント 女性 男性 女友達 おもしろ プレゼント ギフト GIFTEE


競馬 グッズ 競馬好きの方へ! マイラー Tシャツ【競馬Tシャツ】父の日 競馬 Tシャツ おもしろtシャツ 誕生日プレゼント 女性 男性 女友達 おもしろ プレゼント ギフト GIFTEE

 

JUGEMテーマ:競馬馬券予想