Ma.K. マシーネンクリーガー オリジナル機体スクラッチビルド製作記 「S.A.F.S.製作編」

Ma.K. マシーネンクリーガー S.A.F.S.

 

スクラッチビルドの土台としてノーマルS.A.F.S.を組み立てています。

 

WAVE マシーネンクリーガー S.A.F.S 1/20スケールプラモデル

新品価格
¥6,580から
(2017/10/25 12:50時点)

 

【中古】プラモデル 1/20 S.A.F.S.(スーパーAFS) 「Ma.K. マシーネンクリーガー Zbv3000」 [MK-12]

価格:6,330円
(2017/10/25 12:54時点)
感想(0件)

 

 

今回は秘密兵器(?)を投入します。

 

それがこちら「S.A.F.S.関節改造パーツ」です。

 

Ma.K. マシーネンクリーガー S.A.F.S.関節改造パーツ
イエローサブマリン 秋葉原で購入しました。¥432

以下、製造元のPINKTANK(桃色戦車工場)さんの説明によると

 

「ウェーブ社製プラモデル・マシーネンクリーガーシリーズの「S.A.F.S」の系列機・バリエーション機のキットに対応した関節を改造するパーツです。材質はポリエチレン製。 キットのパーツを置き換えることにより股間・膝・足首の関節の隙間を小さくしてプロポーションを変更できます。 足首の関節軸は引き出せる仕様になっているので可動範囲への影響も最小限となっています。」

 

一言で言うとWAVE社製S.A.F.S.シリーズを短足にするパーツです。

 

マシーネンクリーガーデザイン全般に言えることですが、S.A.F.S.の特徴といえばマッシブなボディと脚部のある意味頼りなさげな踏ん張り感のギャップが魅力だと思います。

 

そしてこの脚の短さがいわゆるヒロイックな手足の長いシルエットの他のロボット系模型と双璧をなすデザインの特徴だと思います。

 

原作者の横山宏先生製作のいわゆるオリジナルモデルと比べてキットの方は脚が長すぎると感じることがあるようで、私は正直あんまりわからないのですが、この改造パーツを使って、短足化してみます。

 

ちなみに桃色戦車工場さんのサイトには短足化したのと通常版の比較画像がありますので気になる方はご覧になってみてください。大変わかりやすく違いを教えてくれます。

 

1/20 S.A.F.S. 関節改造パーツ(オプションキット)[PINK TANK]

価格:432円
(2017/10/26 06:57時点)
感想(0件)

では、工作を開始します。

 

Ma.K. マシーネンクリーガー S.A.F.S関節改造パーツ
上下にあるパーツが関節パーツです。

膝と股関節に繋がる部分のポリキャップをキットのものから改造パーツに置き換えます。

特に難しい部分はないです。

 

Ma.K. マシーネンクリーガー S.A.F.S関節改造パーツ
上のものを組み立てました。

この時点ではあまりわかりませんが確かに寸が詰まります。

 

次は足首の部分。

 

Ma.K. マシーネンクリーガー S.A.F.S関節改造パーツ
キットと改造パーツの比較。

足首部分のポリキャップを比較すると○の下にある棒部分が短くなっています。

ほんのわずかですが、全体のシルエットにはけっこう影響が出そうです。

 

Ma.K. マシーネンクリーガー S.A.F.S関節改造パーツ
上:キット 下:改造パーツ

せっかくなので使わないキットのパーツも切り出して比較してみました。

 

かかと部分の受けがあるので脚パーツに負担が掛からないようになっているのかな?

 

Ma.K. マシーネンクリーガー S.A.F.S関節改造パーツ
足パーツに組み込んだところ

 

キットの足パーツの一部を切り飛ばして改造パーツをはめこみました。

切り飛ばしはニッパーで簡単に出来ました。

切り飛ばしたところは見えなくなるし特にヤスリがけなどはしませんでした。

 

IMAG0468.jpg

 

一気に作っちゃいました。

改造前提ということで継ぎ目は消していません、というかめんどくさいから後回しなだけです。恐縮です。

 

ふと左右でキットと改造パーツのシルエットの違いを比較すればよかったな、と思いました。サービス精神が足りませんね。

 

腕も作ります。

 

Ma.K. マシーネンクリーガー S.A.F.S 腕 アーム
右腕

腕は足と違ってちょっと長いくらいのほうがかっこいいですね。

S.A.F.S.は姿勢のいいゴリラみたいなのがよさそうです。

 

Ma.K. マシーネンクリーガー S.A.F.S 腕 アーム
武器腕。

 

左腕も作りました。

やっぱり継ぎ目は後回しで。

 

この段階ではどのパーツも接着していません。

 

メインのパーツがそろいました。

 

Ma.K. マシーネンクリーガー S.A.F.S.
細かいパーツ以外は出来た。

 

改造するのでアンテナなど細かいパーツは端折っています。

 

様子を見ながら付け加えられるものは採用していきたいと思います。

 

Ma.K. マシーネンクリーガー S.A.F.S.
S.A.F.S. 大地に立つ

 

できました。ここからラフデザインに沿って手を入れていきます。

 

Ma.K. マシーネンクリーガー S.A.F.S.
横から

せっかくなので真横アングルも押さえました。

 

ここまではまずまず順調に来ました。

 

しかし、この後スクラッチビルドの闇を垣間見ることになりました。

いよいよ次はスクラッチビルドに入ります。

 

JUGEMテーマ:Maschinen Krieger(マシーネンクリーガー)

Ma.K.ことマシーネンクリーガーがワーナーブラザースで映像化!

Ma.K. マシーネンクリーガー
筆者作。マシーネンクリーガー「レオパルト」1/20

 

ウェーブ マシーネンクリーガーシリーズ P.K.A. Ausf L レオパルト 1/20スケール プラモデル MK-030

いやー驚きました。

 

2017年9月21日、突然Ma.K.ことマシーネンクリーガーの映像化が発表されました。

 

THE HOLLYWOOD REPORTERというウェブサイトによれば、映画「IT」などのプロデューサーRoy Leeワーナーブラザースでのマシーネンクリーガーの映像化のために翻案をするとのことです。

 

このニュースを聞いたとき、私は眉唾だろうと高を括っていたのですが、横山センセこと横山宏氏がFacebook上でワーナーブラザースとの契約に至っているとコメント。ニュースがフェイクではなく事実だと判明しました。

 

THE HOLLYWOOD REPORTERの記事によればRoy Lee氏はScott Bernstein氏とタッグを組みビッグスクリーンのために脚色をするとあります。

 

私はワーナーの守備範囲の広さを考えると映像化というのは映画に限らずひょっとしたらいわゆる海外ドラマのようなものも視野に入っているのではないかな、と思いました。しかし「ビッグスクリーン」という単語から映画化と考えて良さそうです。

 

記事に出てくるRoy Lee氏は日本など英語圏以外の作品を、たとえば呪怨やリングなどをハリウッドでリメイクして興行成績を上げるのを得意としており、今回もそうした手腕を活かしてマシーネンクリーガーの映画化というところに至ったと思われます。

 

実は私、何年か前に新宿でマシーネンの展示会があったとき会場からちょっと離れた喫茶店で横山センセが3,4人くらいでお茶をしているのを見かけたんですよ。

ずいぶん離れたところでお茶してるんで妙だなと思ったんですがあの時会ってたのがRoy Lee氏だった…なんてことはないかなあ。

 

タイミング的に1/12クレーテの詰めの打ち合わせかな、と思ったんですがなんとなく一緒にいた方がアジア人だけど日本の方ではないように記憶してるんだよなあ。

 

ま、ごく私的回想は置いておいて、機体、じゃなくて期待が止まりません。

 

だいたい映画と言ったって脚本や監督はどうするのでしょうか?

マシーンは?主役は?いったいどうなるのでしょうか?

 

何もわからないのでこれからの情報が楽しみですが、間違いなくいえるのはマシーネンやってて良かった!ということです。

 

もしこれからマシーネンに興味を持たれる方がいたら一緒に楽しみましょう!

 

ウェーブ マシーネンクリーガー S.A.F.S.Mk.3 TYPE R ラプーン 1/20スケール 全高約13cm 色分け済みプラモデル MK017

JUGEMテーマ:Maschinen Krieger(マシーネンクリーガー)

1