聴くだけで情報通!「radiko.jp ラジコ」のススメ

みなさんは「ラジオ」と聞いてどんなことを思い浮かべますか?


一時代前のメディアという印象が少なからずあるのではないでしょうか?


インターネットにテレビ、You TubeにSNS、LINEやらInstagramやら、メディアがこれだけ多い中、ラジオを聴くのはせいぜい車を運転中のBGMという方も多いでしょう。


しかしですね、わたくし今、このラジオにハマってまして暇があれば聴いております。

ラジオはスキマ時間に耳で聴くだけでいろんなことを知ることができます。あなたの通勤や通学などの移動や家事の時間をきっと充実したものに変えてくれます。

 

私はいつも「radiko.jp ラジコ」という無料アプリを使ってラジオを聴いています。この「radiko.jp ラジコ」の便利な使い方を通してラジオの魅力を余すところなくお伝えします。

 

魅力 .好マ時間で聴くことができる!
私がラジオを聴く一番の理由はコレです!ラジオは耳で聴く(当たり前ですね汗)ので、通勤や移動など、なにかしらの単純作業を「しながら」情報を得ることができます。


私の通勤時間は自宅から職場までドアtoドアでだいたい一時間ぐらいです。

ラジオを聴く以前は、本を読んだり、スマホを見たりしていたんですが、満員電車の中でスマホの操作や本を開くというのが意外とできなかったりするんです。
私は本を読むのは好きというかごく当たり前の行為になっているのですが出張だったりするとスーツケースを持っていたりして本なんてとても開けません。開けてもスーツケースを押さえていなければいけないからページがめくれないんですよ。
スマホの方も一時間もウィンドウを開けていると電池の残りも心配ですしね。ましてや乗り換えがあったりするとその都度中断しなければなりません。

 

その点、ラジオは一切手を掛けることなく聞き続けられます。目をつむってじっとしていても、乗換駅で階段を上り下りしているときも間断なくずっと聴いていられます。ホームで歩きながらスマホをいじる「歩きスマホ」も防げます。


個人的な例で恐縮ですが、自宅に小さな水槽がありましてこの水替えの時、(これは単純作業なんですが)このときに聴くのもいいです。時間を有効に使えた気がします。


ちょっとしたスキマ時間も積み重ねるとなかなかの時間量になります。その間も情報を得続けられるというのはちょっとした贅沢にも思えるのですがいかがでしょうか?

 

魅力◆〔椶疲れない
スマホとパソコンの登場で我々の目は酷使されています。

私は生まれつき目が悪いというのがあって目の疲れや酷使には敏感で眼精疲労なんて聞くとその感じというか雰囲気が幼い頃からよくわかりました。


あなたの目の一日を思い描いてみてください。
朝、電車の中でスマホを見て、職場でパソコンのディスプレイや書類を見て、帰路、やはりスマホを見て、帰宅してからテレビを観たり、ゲームをしたり。これでは目が疲れてクタクタになるのも仕方がないのではないでしょうか?


私は情報源がスマホや本、パソコン、テレビだけでどれも目を酷使するのでそれこそ目が休まるのは寝るときだけでした。

しかし、いまは通勤などの移動時間にスマホを見るのではなく、ラジオを聴きながら目をつむっているのでその分、目を休ませることができます。もちろんラジオを聴きながらさらにゲームしたりもできますが、睡眠不足だったりすると目が乾いてシバシバします。以前はそんなときでもスマホを見ていました。


あなたがもし移動の電車の中で、ただ目を閉じて吊革に掴まって立っているだけならイヤホンをスマホに差して、「radiko.jp ラジコ」アプリを使ってラジオを聴いてみませんか?(別に「radiko.jp ラジコ」の回し者ではありませんからね、念のため)
きっとなんだか得した気になれる通勤時間が作れますよ。

 

魅力 情報通になれる!
いまご自身の生活を振り返ってみて、テレビを見る時間、新聞を読む時間がどれほどあるでしょうか?

 

スマホを見る時間でもいいです。そしてそこから得る情報量や質はいかがでしょうか?上記のメディアの質や量が劣っているとか優れているとか言うことではなくてその情報の中身が偏り気味ではないでしょうか?


スマホやネットは、知りたい、好みの情報を深く探っていくのは得意ですが、情報の取捨は本人の選択の問題です。つまり自分の興味のあることは追求できるけど興味のないものは選択肢からはずれていくため全く入ってこないようになります。


テレビは動画が必要になるのでどうしても画が優先されます。結果何度も同じVTRを観ることになったりします。コメンテーターの発言もなんだか通り一遍に感じます。ちょっと尖ったことを言うと叩かれる世の中ですしね。


その点ラジオは、世の中で起きている出来事を取り上げたとき、画像や映像に縛られないので、記者会見の発言やちょっと前に起きた犯罪のその後など気にはなっていたあのニュースなどを取り上げてくれやすい気がします。

ニュースに関連してちょっと人に話したくなるような雑学を聞けたりもします。

 

私が思うに、まずはまんべんなく情報を仕入れて、そこから興味の湧いたものをネットや本で深堀りしていく形が一番いいかな、と思います。ラジオはまんべんなくという意味では、スキマ時間を利用することからもぴったりな情報ソースだと思います。


ちなみに私はたまたまラジオで取り上げていた「子供の貧困」というニュースを聴いて興味を持ち、本を三冊読みました。こういった地味なニュースはなかなか興味を持つことが難しいのですが、ラジオで識者の話を聞いているうちにこれは他人事ではないな、と感じるようになれたのは良いことだと思いました。

 

魅力ぁradiko.jp ラジコ」がとにかく便利「タイムフリー機能」
そもそも私がラジオを聴くきっかけになったのがインターネットラジオです。

 

私は洋楽が好きで若い時分はせっせとCDを買って聴いておりましたが、おっさんになるに従い、だんだんと音楽に掛けるお金も時間も減っていきました。

 

ある時ふとスマホアプリにインターネットラジオがあることを知りインストールしました。昔は自分でみつけないといけないようなマニアックなジャンルもネットなら無料で聴くことができるのだからすごい時代が来たなあと思います。
それでいろんな曲を聴いていたのですが、これまたある日、日本のラジオのアプリもあるのをみつけたんですね。

それが「radiko.jp ラジコ」でした。

 

初めはあんまり使っていなかったんですが、かつて私が若気の至りでバンドを組んでいた二十代の頃に聴いていた洋楽ロック番組「Power Rock Today」がまだ続いているのをたまたまみつけたんです!

もはやロック&メタル界の生ける伝説であり生き字引であるマサ伊藤こと伊藤政則(さっきはマサといっておいて「いとうせいそく」と読ませるあたりがオールドスクール!)がDJの番組です。

 

当時は自分が実際に聴くことができる音源が自腹購入のCDか、disk union店頭の試聴機くらいしかなかったので、最新曲や名曲なんかはこの「Power Rock Today」が唯一無二と言っていいほどの情報源だったわけです。

しかしこの放送時間が土曜の深夜1時から5時というとんでもなく聴きづらい時間帯の放送なんですね。

 

バンドメンバーと土曜に集まって夜通し酒を飲んだり、麻雀をしたりしながら聴いていたのを思い出します。あの頃(今もだけど)金も希望も保障もなくお先真っ暗で気分は常にやさぐれてましたが、あれがたしかに青春でありました。
…ちょっと横道に逸れました。


まぁ、おっさんになり将来なんかも漠然と意識していく中でバンドは解散し、自分を矯正して社会に合うように心持ちを変えていき、就職や結婚などを通してかつてのバンドメンバーとも疎遠になっていきました。そんな中で「Power Rock Today」の伊藤政則の声を聴くこともなくなりました。

 

そして幾星霜。

ふと「radiko.jp ラジコ」の番組表を見ていたら「Power Rock Today」がまだやっているじゃないですか!

 

みつけたとき、めちゃくちゃ嬉しかったのを覚えています。

なんだか昔の彼女に偶然会ったら話が弾んで意外と楽しかった!みたいな(違うか?)放送時間も変わっていませんでした。

お店は変わったけど昔の名前で出ています!みたいな(もういいって?)「相変わらずとんでもねえ時間に放送しやがって」と心にもない悪態をつきながら聴いています。

 

そしてここからが「radiko.jp ラジコ」の便利ポイントなのですが、過去の放送を一週間以内という期限付きではありますが遡って聴くことができるんですね。

 

つまりPower Rock Todayの場合、本放送が土曜の夜ですから次の土曜の夜までは聴くことができるわけです。この機能を利用すると翌日の日曜日の昼間にそれこそ水槽の水替えをしたりしながら「Power Rock Today」を聴くことができるわけです。

 

しかし、この機能には制限がありまして、一週間以内というのもそうなんですが、一放送について三時間しか聴けないのです。

 

たとえばタイムフリー機能を利用して朝の九時から「Power Rock Today」を聴き始めた場合、十二時までに聴き終えないと二度と再生できません。

スポンサーのしがらみなのかタレント事務所との何かなのかわかりませんがとにかく三時間しか再生できないのです。

タイムフリーで聴いている間は再生時間を飛ばしたり、一時停止が自在ですので非常に便利なのですが、うっかりすると途中で止めたまま三時間経ってしまうなんてこともあります。ちなみに三時間以上の長さで放送されている番組は途中で分割されてタイムフリーで聴けるようになっています。

 

魅力ァradiko.jp ラジコ」がとにかく便利「エリアフリー機能」
私、出張が結構ありまして多いときは、月に三週間くらい出ております。家にいるのは土日だけ、しかも疲れて果てて寝ているだけなんてこともザラです。


出張の何が疲れるって普段のペースで動けないところです。ちょっとしたことですが、たとえば出先で耳掻きがないとか、朝の出発時間がいつも違うとか、自宅なら造作もなくできることができないなどの小さなままならない事の積み重ねでストレスが掛かってしまうんですね。

 

出張先のそんなちょっとしたストレスから私を助けてくれるのが「エリアフリー機能」です。私は毎朝ニッポン放送の「高嶋ひでたけのあさラジ!」という番組を聴いています。政治、経済から芸能、スポーツなどいろいろな情報を満遍なくやってくれるので大変重宝しております。


一つの番組を聴いているとだんだん「このコーナーが始まるということはだいたい何時頃だな」というのが分かってきます。

 

そしてエリアフリー機能を使えば遠く離れた地域からいつもの番組を聴くことができます。
電波で放送している場合はその電波の届く範囲でしか聴くことができなかったラジオが、ネットを使うことによりどこででも聴くことができるようになったわけです。


出先で聞き慣れた声を聴くというのはけっこうリラックス効果が高いです。異境の地から家族に電話するのと似たような効果があるのではないでしょうか。


そしてさらにこのエリアフリー機能は先述のタイムフリー機能と連動させることができます。


つまり、いつでもどこにいてもお気に入りの番組を聴くことができるわけです。

これはお気に入りのアイドルや俳優、歌手の番組を聴きたいのにエリアが違う、時間が合わないため聴くことができないといった際にも聴くことができるのでそういったファンの方には非常に嬉しい機能ではないでしょうか。


一つだけ注意点があります。

このエリアフリー機能は有料サービスとなっています。月々324円(2017年時点)掛かります。私はあっさり加入しましたが、その話を知人にしたらタダで聴けるものに金を払うなんてとんでもない、損だ!と言われました。なるほど人の価値基準はそれぞれであるなあ、と感心しました。

 

最後に私のお気に入りの番組を紹介します。


ラジオ番組はほとんどのものにパーソナリティがいます。たいていはその番組のメインとなる人物の名前が番組名に入っています。

先の「あさラジ!」の場合も冠に「高嶋ひでたけの〜」とメインパーソナリティの名前が入っています。番組中はそのパーソナリティの声を聞き続けるわけで、極端な話、もしそのパーソナリティが気にくわない場合はその番組がどんなに有益な情報を扱っていても聴く気はなくなります。

逆に番組内容がイマイチでもパーソナリティの話し方や考え方が気に入れば良くも悪くも今日も聴いてみようかな、となると思います。


ラジオをあまり聴いたことがない方はお気に入りのタレントなどのパーソナリティの番組をみつけてそこから入るのも手だと思います。

 

ではお気に入り番組の紹介をします。

 

おすすめ番組
ニッポン放送「高嶋ひでたけのあさラジ!」
放送時間 月〜金 朝6時から8時


私はこの番組を毎朝の通勤時間に聴いています。


ニュースやスポーツ、芸能情報など一通りの情報が入ってきます。自分が興味のない情報も入ってくるので世間はこういうことに関心があるのか、という発見もあります。

この番組のおかげでいろんな人とのコミュニケーションに役立っています。


たとえばプロ野球や相撲に私はすこぶる疎いのですが世の中にファンは多いわけで、ちょっとしたときにそういった話にも合わせられるのは助かります。

日替わりコメンテーターによる政治ニュースへの切り口など事実を客観的に伝えるだけでなく「見解」も聴くことができるのでそれについてうなずいたり、ちょっと違うんじゃないかな?と自分なりの考えも持てるようになりました。


またパーソナリティの高嶋ひでたけさんは結構、歯に衣着せぬ物言いなんですが軽妙な語り口のせいもあり、聞いていて痛快です。とぼけて誰も言わないような「ホントのこと」を言ってくれたりするので思わずこちらも「そうだそうだ」と言いたくなります。
朝の情報収集におすすめです。

 

おすすめ番組
文化放送「大竹まことのゴールデンラジオ」
放送時間 月〜金 午後1時から3時30分


こちらはあの白髭のメガネじじい大竹まことがパーソナリティです。


日替わりで女性アシスタントが出てくるのですがこれがクドい!倉田真由美、はるな愛、光浦靖子、町亜星、室井佑月。

一緒に呑むのもめんどくさそうなメンツですが、この番組の魅力はふざけるところは思い切りふざけて、真摯に取り組むところはしっかりやるそのギャップではないでしょうか。

 

なかでも最大の良さは過去の出来事を風化させない力だと思います。

ニュースでさえ消費されていく現在の世の中では震災や事故、不正はいとも簡単に過去のものになってしまいます。それを大竹まことさんが情報の激流の中どっしりと打ち込まれたアンカーのように大事なニュースが流されないように引き留めてくれています。ただの凶暴なひげおやじではないんだとこの番組を聴いて見直しました。


ニュースは聴きたいけど堅いのは面倒だと言う方におすすめです。

 

おすすめ番組
Inter FM「Dave Fromm Show」
放送時間 月〜金 午後6時から8時


謎のアメリカ人デイブ・フロムと謎のアジア人ジョー横溝の二人がメインパーソナリティです。

 

オンエア中によくでてくるのはガンジャとかドラッグとか、浮気とか不倫そして音楽の話です。

 

恐ろしいことにガンズやニッケルバック、アイアンメイデンが掛かったりします。私は初めてこの番組を聴いたときあまりにも自分好みの曲が掛かるので非常に驚きました。洋楽のロックやメタル、雰囲気のある洋楽好きの方には大変嬉しい番組です。


そして一番のおすすめポイントは水曜日19:30からオンエアされる「陰謀コーナー」。


このコーナーは世の中に渦巻く謎、都市伝説、UMA情報を掘り下げます。

アリ森泉というこれまた謎のミュージシャン(MONORAL)がメインとなりさまざまな超常現象を紹介するのですがその切り口が現在のニュースにリンクしたり、欧米の文化、考え方に根ざした解説なのでカルチャーショック的な驚き、楽しみもあります。


ふざけた番組ですが音楽と本音の聴ける番組です。

 

おすすめ番組
Bay FM「Power Rock Today」
放送時間 土曜深夜(日付としては日曜日)午前1時から明け方5時


先述にていろいろ紹介しましたので端折りますが、なんといっても洋楽ロック、メタルを聴くならこの番組。

 

ジャンルが細分化しているロック、メタル界ですが、「いいものはいい!」と広い守備範囲で聴いた方が楽しめます。


しかし伊藤政則はいくつになったんでしょう!?まったく変わってない。

 

 

つらつら番組を紹介しましたがラジオの魅力は生感だと思います。


生放送が多く、ミスや失言も含めてハプニングも多く、話す人たちものびのびやっている感じがします。


ネットや活字、ゲームに飽きて疲れたらラジオでクールダウンならぬリフレッシュをしてみてはいかがでしょうか。きっと刺激を受けられると思います。

Google Play で手に入れよう

 

ELPA AM/FM お風呂ラジオ(ブルー)時間と温度も分かる バスタイム・ラジオ ER-W30F(BL)

新品価格
¥2,140から
(2017/10/24 21:57時点)

 

JUGEMテーマ:ラジオ

 

1